引きこもりは呟いた思いが悪かった

引きこもり何のことない依存症

人は同じように生まれ、同じような環境で育てられても一人は引きこもり、一人は立派な社会生活をしている。兄弟でも違う家庭が沢山ある。なぜそうなったのか考えてみると、一人はいつもニコニコしていた。一人は暗く理屈っぽくコツコツと机に向かっていた。

引きこもりになるまで

学校の成績はクラスの上位にいたが、高校の終わりころになると休むことが多くなった。卒業には問題はなかった。就職も難なく出来た。しかし、家に帰ると愚痴が多く、機嫌もだんだんと悪くなって、同僚が誘いにきても休む日が増えた。親に意見されるとキレるようになり、やがて仕事をやめ、ネットをしたりテレビを見たりして、昼は寝て夜起きる昼夜逆転の生活になり、何年も何年も同じような生活をしている。今このような人がたくさんいる。

性格等の特徴

元々の性格は、正直で真面目で几帳面な人が多い。一番は人を批判することが多い事。次に呟きが多い。または何事にも文句をつけることが多い。友達が少ない、他人とのコミュニュケーションが悪い。考える時間が多い。仕事が終われば真っ直ぐ家に帰る。等の要素があげられる。例えば仕事の場合、だんだんとミスが増え時間がかかる状態になり、上司に対する反感心が、どんどんと雪だるまの如く心を満たし、トラウマの一つになっていく。また、あの時は体の調子が、気分がよくなかったとか、上司があれくらいの事で、と呟くことがだんだんと増え、仕事が面白くなくなり行くのが億劫になってくる。そして退職ということになり、仕事を変えても長続きをしない。常に何事にも批判的に理屈を並べるようになっていく。猫型タイプの人は引きこもり犬型タイプの人はキレるようになる。次から次へと就活を仕事に就いても長続きせずやがて世間の人はニートと言うようになっていったのだと思います。

共通点

なぜそうなってしまったのか考えたとき、不登校の人も引きこもりの人もニートの人も共通点があります。それは悪い思いを呟いたところです。

プラス思考とマイナス思考

プラス思考の人は仕事でミスしたとしましょう。何が悪かったを反省をし、頑張ろうと同じミスはしないように努力する方が多いと思います。マイナス思考の人は、他のせいにし、仕事が合っていなかった。自分にあった仕事が必ずあるはずだと何事にも批判的に考えて愚痴を、悪い思いを呟いた人がほとんどだと思います。(※ここでは精神部分だけ取り上げ載せています)そこでどうすれば、不登校の人も引きこもりの人もニートの人も立ち直ることができるのか、心の法則です

心の法則

 先 ほどより問題になっているのは呟いた思いが良かったか悪かったが鍵だったと思います。

 

心の法則から言えば、感情は心の中で生きています。

悪い感情でその人の心が一杯になると理性の支配下にいなくなり引きこもったり、キレたりするようになり異常な状態となります。

そこでその悪い感情「ストレス」を取り除く事で理性に力がつき、理性人間になり、正常な精神状態へと変える事が出来ます。

物心ついた時より 感情は心の中で生き続けている

では、大体人の心の中にはどれくらい何があるのかというと、

例えば母に腹を立てた事。父に叱られた。兄弟、同級生とケンカした。先生に叱られた。虫がゴキブリが、蟻が、教師が等が怖い。等その他、物心ついた時より感情は、心の中で生き続けています。

そして数を多く怖いと呟けば(HSC)となる。人を好きだと思えば力を付けストーカーにもなる。

見たい見たいとおもった思いが(トラウマ)三十年後に出てきて、盗撮に及んだりもする。

このように蓄積された同じ感情は、思った数だけ雪だるまのように大きくなり力を付けて理性を支配します。

引きこもりをしている人でもあいつを殺す殺すと百回思えば百回分。千回思えば千回分と、力を付けてトラウマとなり、殺人事件に発展する場合が考えられます。

そして殺すときは、理性は誰かとめてくれと言いながら何人も殺した事件もありました。数多く思った感情(トラウマ)は関連した話などにつり出され異常な精神状態になります。

睡眠中の夢

また人の一日で考えてみますと、色々な感情が出てきます。例えば、朝起きた時雨が嫌だ。ムシムシするゴキブリが怖い会社に遅れる電車でA子さんに会えるかな。昨日の事課長に何と報告したら、あれはまずかったなあ・・・・等。それらの感情は睡眠時に夢が仕分けしていきます。母の事は母の所に。父の事は父の所に。課長の事は課長の所にA子さんの事はA子さんの所にと、感情を仕分けしていくのが夢の仕事です。(心の法則)

鬱状態とは

先ほどの心の法則から、物心ついた時から同じものは同じ所に仕分けされ、何気なく呟いた思いがトラウマをつくります。それが心一杯になるまで行えば、ゆとりがなく、何かが出よう出ようしている状態になりそれがうつ状態です。鬱状態になると、一つの事に集中できなくなり、引きこもって炊事、洗濯、掃除、片付け等、も出来なくなり、独り者は、食べる事だけは何とかしようと弁当等を買い生きている人が沢山います。

また買い物行くのが嫌。死んだら何もしなくてもいい。死んだ方が楽。死んでやろうか死にたいと呟くトラウマが大きくなり限界を超えている人も沢山います。死に至る人もいます。死にたいと思っている人でも死ぬことも何もできない。食べる事だけがやっとの人もいます。トラウマで心が満杯になった人又は近い人は、過呼吸を又はパニック症になったりします。トラウマが一つだけ噴出した場合は噴出したことに行動します。複数のトラウマが重なって噴出し出てきたのが過呼吸でありパニック症だと私は思っています。

救急車で運ばれて色々検査をしても何処も体は悪いところはありません。体ではなく心が悲鳴を上げていたのです。心には人によっては大きさが違い、忍耐力我慢力等がまちまちだと思います。心の入力限界を超えた安全弁が作動したものと考えられます。何気なく呟く思い(ストレス)が満杯状態です。

何気なく呟く思いが人の心を良くも悪くも作っていく

心には生まれた時から脳(パソコン)には入らない感情が蓄積され、いい感情と悪い感情とが相殺される仕組みになっています。良い思いをすれば、心の中に今まで溜まっていたストレスが中和され癒された気分になります。美味しい物を食べ美味しかったと思う感情や、いい景色に会っていいなあと思う気持ちが癒しに、ストレスを減らす効果に働きます。理論的には、心の癒しは心を込めて幸せだ有難い、いい気持ちだと呟けばそのように変わっていきます。人生を楽しく生きるにはいつもニコニコして幸せだ有難いいい気持ちだお陰様でと呟くようにすると同じ境遇にいる人と大きな差が出てきます。古より人は感情の動物といわれています

感情は物質化する

心の法則には感情は物質化するがあります。例えば酸っぱい梅干を食べようと思えば唾がでる。悲しい感情が涙を。色々の思いが色々の物質を出して、フグの毒よりも強い毒を作り出す能力を有し、そのような猛毒の種類が30~40種類と言われています。ストレスの違いにより違う猛毒を出し、違う病気を生み出し猛毒が混じり合い癌までも作り出しています。最近は二人に一人が癌になる時代に

病気になることで心の感情(ストレス)は物質化し心からは消滅するものと考えられます。心の病の人は体の病になる人が少ないのはこの法則からも符号されます。感情が溜まったままの人が心の悩みの多い人と言えます。これから病気にならない、なろうとしている人、病み苦しんでいる人たちを救う手立ては、まず最初に、心から。ストレス(悪感情)を排除することと考えます。

いつも心には理性が蓋をしています

 どんな立派の人がどんな大きな人が大きな声で言っても心には聞こえません。そこで理性を(うつらうつらさすことで)直接心に話ができるのが催眠療法です。確実で安全で即効性あり一度取り出されたストレスは二度と出てきません。しかしストレスは,生まれた時から同じ所に雪だるまのごとく積みかさねられ大きくなってトラウマになっています。

小さいストレス、トラウマは一度か二度で取り出せますが、

数多い、又は長年呟いた思いは、大きく雪だるまのようになっています。

それを剥がし剥がしして、取り出すのに回数かかるものがあります。

また心が荒んでいて、そんなことを言われてもと心が素直にない人の場合は時間がかかります.

ストレスが減ると過呼吸、パニック症の人たちは起こらなくなり集中力がついてきます。

不登校の人引きこもりの人もニートの人も死にたい人も、パチンコ依存アルコール依存ネット依存露出癖万引き盗撮癖人に依存執着心癖怖い(HSC)依存症の人は習慣になっている思い、感情を取り出す事で心の大掃除をする事でゆとりのあるスッキリとした集中力のある正常な精神に甦ります。

理性の思い通り何もかも行動することが当たり前になって楽しい人生になります。

ただし催眠療法士と雖も全ての方が出来るとは限りません。今まで申し上げたのは、私が心の法則を立ち上げ繰り返し繰り返し試し試し必ずそうなったのを法則としました。この法則が世に定着することを願っています。