車に乗るのがやっと


車に乗るのがやっと         27歳  女性



大学を出て大阪で働いていたが

仕事かできづらくなり

衝動買いをするようになり

ローンが払えずこちらに帰ってきて

母に払ってもらい仕事も出来なく

母が横に居てもテレビが見えない

交差点がきになる、助手席に人を乗せられない

車に乗るのがやっとと見えた

大きなストレスが溜まっていますと言うと

ストレスなんかありませんよ言い張る

色々やって三日来て三回もやったのに金払えと

大きなストレスが無いと言うけれど、

何年生のとき何があったか考え思い出しておいで

実は高一の時友達の彼氏を盗んだ

幾日が経って友達の彼女が先に行とってと後からゆくから

いくと五人の男の子に回された

母にも言わず姉にも言わす、思い出しては溜め大きくなり

心の中で海坊主の如く出よう出ようとしていて

うごめき心を乱していたそれをのけることにし

気になっていた助手席に乗っても交差点も全く気に

ならなくなったと帰られた

Follow me!